「PRODUCE48」が嫌だったAKBメンバーとは?→韓国の反応「共感する」

「AKB48が韓国プロデュース101シリーズと合作するというニュースを聞いて嫌だったというAKBメンバー」というタイトルでスレが立っていましたので紹介します。

1.韓国人(スレ主)

2018年に日韓合同で行われ、IZ*ONEを輩出したオーディション番組「PRODUCE48」でも、宮崎さんは現地のトレーナーの先生に発音を褒められていましたよね。それだけ韓国がお好きだったら、あの番組への参加は念願の機会だったのでは?

念願というか……。私はイチK-POPファンとして、それまでの「PRODUCE」(通称プデュ)シリーズをずっと観てきたんですね。だから最初はちょっと嫌だったんですよ。「なんでAKBがプデュとコラボすんの?」って。

──それは……ファンの視点ですね(笑)。

宮崎美穂:
そのときもK-POP人気が高まってきていたので、「BTSが好きだから」「TWICEが好きだから」とかそういう気持ちで受ける人もいるんじゃないかって考えたら、それがすごく嫌で(笑)。でも逆に、「私が出ないで誰が出るんだ」「こんなチャンスをもらえてAKB48にいてよかった」と思ったし、参加は迷わず決めました。

──「PRODUCE48」ではエピソード1からさっそく日韓のアイドル文化の違いが浮き彫りになり、歌やダンスの実力においてAKB48メンバーは軒並み厳しい評価を受けました。視聴者からすると「ここまで徹底的に見せるのか」と驚きもあったのですが、あの結果は、宮崎さんからしたら想定の範囲内でしたか?

「PRODUCE」シリーズはすでにすごい人気があったし、韓国の大手の事務所から参加する練習生がいたりして、過去のシリーズより絶対にレベルが上がってるだろうなと思ってました。だから実力の差にAKB48の子たちが衝撃を受けてる姿を見ても「でしょ? これがK-POPだから」って、向こう側の視点でいたんです(笑)。でも自分が実際やるとなると、やっぱりパフォーマンスの実力が足りなくて、うまくできない自分にすごくモヤモヤして。「今までもっとちゃんとやっておけばよかった」って、ネガティブな気持ちになっちゃったのは事実です。あまりにもK-POPの世界への憧れが強すぎて、番組の前半は特に、そこに自分が足を踏み入れていることに対してすごく縮こまっちゃったんですよね。もしあの頃に戻れるなら、自分のお尻を叩きに行きたいです(笑)。

私の大事なK-POPにAKBがコラボするって言うから嫌い。

私の大切なK-POPにもしかしたら他のメンバーたちが軽い気持ちで参加するかと嫌だった。

実力の差のせいでAKBメンバーたちが衝撃を受けているのを見て、これが私のK-POPだから嬉しかった。

はい……………………..?

※インタビュー引用元:
宮崎美穂(AKB48) インタビュー|韓国カルチャーをこよなく愛する宮崎美穂(AKB48)はK-POPをどう楽しむ?「PRODUCE48」秘話も – 音楽ナタリー 特集・インタビュー

韓国の反応

2.韓国人
みゃおは本物…

3.韓国人
韓国人の私より強いK-POPの自負wwwwwwwwww

4.韓国人
それがみゃおだから…うんうん

5.韓国人
さすがキムミャオ

6.韓国人
キムミャオwwwwwwwwwww 全知的なオタクの視点wミャオはK-POPが今のように全世界的に有名になる前からオタクをしていたから理解できるwwww

7.韓国人
すごく好きで、それに触れること自体を怖がっているというのが本物だよ

8.韓国人
うわwwwwwwwwwwwwww どんな感じかわかって共感するよ

9.韓国人
この子は認める。

10.韓国人
あ、どういうことかすぐに理解完了。

11.韓国人
ミャオはキムミャオだからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwキムミャオとチョナンカンは認めなければならないw

12.韓国人
この子の名前は何? 最終メンバーに聞いた子?

13.韓国人
>>12 生放送まで行った宮崎美穂 ニックネーム:ミャオ

14.韓国人
「そうでしょ?これがK-POPだから」と、K-POPファンの視点にいました(笑)リアルオタクのマインドwwww

15.韓国人
キム・ミャオは本物だよ。 韓国語も上手だし

前のページへ1/2次のページへ
IZ*ONE(PRODUCE48) K-POP PRODUCE101シリーズ