【iKONジュネ】Twitterに北野武ファンと記載して炎上。北野武は嫌韓なのか検証してみた

iKONのメンバー、ジュネがTwitterのプロフィールに「北野武」と記載したことで、炎上、インスタグラムに謝罪文を掲載する騒ぎになりました。

日本では「北野武(ビートたけし)が嫌韓」というイメージは全く、と言っていいほど無いのではないでしょうか。

韓国で、なぜ「北野武(ビートだけし)が嫌韓」ということになっているのか調べたところ、以下の記事がヒットしました。

iKONのメンバー、ジュネが日本の有名映画監督北野武関連物議に巻き込まれた。
北野武は、映画「HANABI」と「座頭市」、「ソナチネ」、「菊次郎の夏」などでフランスのカンヌ国際映画祭はもちろん、世界有数の映画祭に招待されて、様々な賞を総なめにした、日本を代表する監督である。

コメディアン出身のたけしはやや毒舌でひんしゅくを買うこともある。
過去の国民日報が報じたたけしの嫌韓発言では「独島を強奪した韓国のドラマを見るのはいいのだろうか」、「冬のソナタをはじめとする韓国の映画やドラマの成功は、日本のことをことごとくコピーしたおかげである」、「韓国女優たちがきれいなのは全部整形手術をしたからだ」などがある。
また、日本国内でも政治的に極右性向を持っている芸能人として有名である。
彼は2000年代初頭の極右政治家である石原慎太郎の政治活動にも参加して目を引いた。
たけしはまた、「危険な日本学」という本を共同執筆しており、この本で「日本の歴史教科書歪曲や尖閣諸島の問題を提起し、日本からお金を取ることを目的として言いがかりをつけてくる国」というのが韓国を指すして議論を巻き起こした。

しかし、一部のネチズンたちは、武の発言と関連し、前後を見てみるという意見も出ている。
あるネチズンは「武が言った問題の番組を視聴したが、全体的に韓国映画がすごいは好意的な反応だった」とし「武は確かにそんな発言はしたが、悪意を持ってのみ解釈することはできない」と擁護したりしている。

一方ジュネは24日、自分のインスタグラムに北野武のサイン入り写真を掲載した。
彼は「ビート(北野)武さんありがとうございます。アイコンのコンサート来てください」とファン心を見せたが、一部のファンは北野武の嫌韓発言を指摘し文を削除を要請した。
ジュネはファンの指摘に「うるさく指図していないで。嫌い」という返信をし、ファンは「彼の発言が自分を無視した」と不快な感情を表わした。
最終的にジュネはこの記事を削除した。

翻訳元:http://m.kyeongin.com/view.php?key=20180925001519596

この炎上を取り上げた韓国のコミュニティサイトでは「ジュネは無知だ」という意見が大半であり、日本人が感じる「そもそも北野武は嫌韓ではないのでは?」という疑問についてはほとんど触れられていませんでした。

そもそも北野武(ビートたけし)は嫌韓か?

ニュース記事内で北野武が嫌韓とされていることについて書かれている

日本国内でも政治的に極右性向を持っている芸能人として有名である。
彼は2000年代初頭の極右政治家である石原慎太郎の政治活動にも参加して目を引いた。
たけしはまた、「危険な日本学」という本を共同執筆しており、この本で「日本の歴史教科書歪曲や尖閣諸島の問題を提起し、日本からお金を取ることを目的として言いがかりをつけてくる国」というのが韓国を指すして議論を巻き起こした。

という部分は、韓国で「危険な日本学」という題名で出版された北野武が書いた本を元に書かれているようです。

日本で出版されたときの原題は「おまえの不幸には、訳がある!」。2003年に出版された本です。

原本を読んでみると、『「たけし内閣」の組閣名簿』という章に確かにそのような記述があります。

 「たけし内閣」の閣僚については、すでに構想は固まっています。
 まず、外務大臣は石原慎太郎氏にお願いしたい。「江沢民はヒトラーだ」なんて言えるのは、石原氏をおいてほかにはいません。
 我が内閣の外交方針は、「嫌いな国とは付き合わない」。これを推進するには、まさに石原氏が最適です。
 中国や韓国が歴史教科書なんかのことをごちゃごちゃ言って来たら、もう即、断交。ロシアが北方領土を返さないようなら、大使も企業も引き上げさせる。
 だいたい日本がODAやら何やらで、それだけ国民の税金を使っていると思っているんでしょうか。
 明らかにカネ目当てで言いがかりをつけてくる国が多すぎる。そんな国とは、たかられる前に断交します。
 北朝鮮なんて、国交がないくせに、あれをよこせだのこれをよこせなど偉そうに難題をふっかけてくるんですから。
 外交も人付き合いと同じで、すべての国と仲良くする必要はない。むしろ、便りになる、信用できそうな国と密に付き合っていればいいんです。
 ただ、石原氏の場合、「NO」と言ってアメリカとも断交しそうでちょっと心配なんですが。…

これは、2000年前後の日本の状況を知っている人ならわかると思いますが、
当時極右発言でバッシングされていた石原慎太郎氏を強烈に皮肉った文章であり、その後に続く大臣候補は西川のりお(漫才師。億単位の借金を抱えていたことで有名でした)です。

「中国や韓国が歴史教科書なんかのことをごちゃごちゃ言って来たら、もう即、断交。」「明らかにカネ目当てで言いがかりをつけてくる国が多すぎる。そんな国とは、たかられる前に断交します。」といった記述は、北野武の主張というよりも、「石原慎太郎が言いそうなこと」として笑いを狙って書かれているものです。

今で言えば「石原慎太郎」を「ネトウヨ」に入れ替えれば、少しわかりやすいかもしれません。

石原慎太郎の政治活動に参加したどころではなく、むしろ石原慎太郎をバカにした記述です。

この記載は、当時の政治情勢や、石原慎太郎のキャラクター、前後の文脈などを理解しないと正しく読み取ることは難しく、日本に詳しくない韓国人は誤読してしまっているのではないでしょうか。

ちなみに、石原慎太郎の政治活動に北野武が参加したという情報は、日本では見つけられませんでした。
おそらく、上記の本のことが誤解して広まったのではないかと考えます。

韓国映画やドラマについての発言にしても、韓国ネチズンの擁護意見から考えるにやたらと嫌韓的だったとは思えません。

総合して考えると、大多数の日本人が感じているように、やはり北野武は炎上するほどの嫌韓要素は無いと思われます(まぁ、内心まではわかりませんが…)。

ジュネは最終的に

申し訳ございません。
好きな俳優さんなので、他の情報は知りませんでした。
ファンの方々が友達みたいで、打ち解けて会話をするつもりが、こんなことになるとは思いませんでした。
本当に申し訳ございません。今後は慎重に疎通するジュネになります。
ご心配おかけして申し訳ございません

こんにちは。ク ジュンフェです。

少し前にiKONの放送撮影があったため急いで、謝罪の言葉を先にしました。サポートしてくださったファンの皆さんに心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした。私を心配してのアドバイスだった状況を慎重に認知していませんでした。まるで親しい友人との会話だと勘違いして、軽く考えたことについて遅らせながらも私自身とても恥ずかしく恐縮です。

本当に申し訳ありませんでした。一番最初に私に指摘をしてくれたファンの方に軽率な返答をした点は本当にとても後悔しています。

今回のことをきっかけに、より成熟し慎重なク ジュンフェになるよう努めます。もう一度こころから頭をさげで謝罪します。

と、2つの謝罪文を掲載しました。

謝罪文を発表する前に、本質を教えてくれるスタッフはいなかったでしょうか。少し気の毒です。

iKON K-POP YG

オススメ記事