【IU・ソルリ】恋愛後、億レベルに広告収入が減った女スターTOP7

7位 ソルリ

f:id:kudokoreajapan:20161006221610j:plain

可愛いイメージのおかけでたくさんの男性ファンに愛されてたソルリだった。その人気を背負って広告界のブルーチップで浮上し多数の広告を撮った。しかし2014年チェザとの恋愛を認めソルリのイメージは急落した。もちろん最近衣類広告を撮ることもあったがもしソルリが恋愛をしなくてf(x)のメンバーでずっと残ってたらソルリは収入10億円代CFスターになったのでは。

6位 ハニ

f:id:kudokoreajapan:20161006221704j:plain

今は決別したがEXIDハニはJYJジュンスと恋愛をした後、莫大な損害を見た。グループEXIDはハニの恋愛が起きる前の去年「Up&down」熱風とハニの人気で多数の広告の契約を取った。グループで撮ったチキン、ラーメン、食品、アイス、ゲーム、スプツ衣類はもちろんハニは単独でショッピングモール及びジーンズ(デニム)広告モデルなど10億円代に及ぶ広告界の最高レベルに浮上した。
しかしジュンスと恋愛後急激にハニの人気は落ち、EXIDにも相当な悪影響を及ぼした。さらに恋愛後、授賞式のMCとして立っているところで涙を流すなどプロらしくない行動で噂になってもバラエティーのMCもやっていたが、現在は降板し下り道を歩くようだった。しかしハニはジュンスと決別した途端、入ってこなかった広告契約が入り始めた。EXIDは最近モバイルFPSゲーム「スペシャルソルジャー」の広告と化粧品モデルに抜擢された。

5位 パクハンビョル

f:id:kudokoreajapan:20161006221811j:plain

レジェンド級の韓国3代CF女王はソンヘギョ、ジョンジヒョン、キムテヒだが、もしパクハンビョルがセブンと長い恋愛をしていなかったら、CF4代女王の中に入っれたと思う。つまりパクハンビョルが売れないように足を引っ張ったのはセブンか。パクハンビョルはデビュー以来、たゆまずCFに出て現在も10年以上一番活発に活動している大型CFスターの一人だ。特にセブンと決別を公式的に発表してからパクハンビョルの人気は急上昇した。最近にはドラマの主演まで相次ぎ抜擢。パクハンビョルはいつの間にか男性ファンたちのロマンの位置になった。特に最近モバイルゲームの広告まで撮って広告の領域を広げている。しかしセブンと恋愛を初めからやっていなかったら、パクハンビョルはもっと早く最高のCFスターになったんじゃないかな。

4位 ソルヒョン

f:id:kudokoreajapan:20161006221905j:plain

30億円代だと推定される広告収益を上げたソルヒョンの人気は物凄かった。特にソルヒョンの立て看板から携帯まで、大きくヒットして酒類広告まで広くやる。ソルヒョンの時代は続くと思われた。しかしこんなソルヒョンの人気が一気にふっ飛ばされることがあった。それはジコとの恋愛だった。もちろんその前に、AOAとソルヒョンの歴史論争が起き、一回大きなイメージ打撃を受けたが、事実的にはファンたちが背中を向けた状態ではなかった。しかし今年8月ジコとの恋愛を認め万人の愛人だったソルヒョンは男性ファンたちに背けられ始めた。セクシーさと純粋さの象徴だったソルヒョンに対する期待が壊れてしまった。結局ソルヒョンとAOAは、歴史論争とソルヒョンの恋愛で物凄い打撃を受けて、ソルヒョンとジコは恋愛発表後一か月で破局した。しかし当分ソルヒョンショックは続く感じだ。SKテレコム(韓国最大の携帯電話通信会社)がソルヒョンとの広告を再契約しないことにしたからだ。特にSKは、今年4月ソルヒョンと今年10月まで契約を伸ばしていたが、恋愛で打撃を受けたのかこれ以上契約はないと明らかにした。その理由に対して急激なイメージ消費はもちろん、ソルヒョンで得られる肯定的なイメージがもう残ってないと判断したからだそう。

3位 IU

f:id:kudokoreajapan:20161006221949j:plain

IUも同じように恋愛で大きな被害を受けたと思う。サムソンなど毎年10億円代の収入を上げ、勝ち続けた。しかし去年10月IUとチャンギハの恋愛が起き、IUも急激に人気が下落し始めた。IUの事務所(ロエンエンターテイメント)の株が恋愛が報道され、当日で3.72%も下落したらしい。それにIUのアルバムコンセプトのロリータ論争が火に油を注いだ。結局、恋愛が起きた後、IUの広告契約は物凄い損を受けた。しかし今はゲーム広告と電子製品、焼酎広告まで、ある程度広告が回復されている状態だ。

2位 スジ

f:id:kudokoreajapan:20161006222111j:plain

当初は「CF10億円代の少女」と呼ばれるぐらいスジの広告収入は物凄かった。しかしイ・ミンホと恋愛を認めたため、いろんな広告の再契約ができなかった。さらにいくつかの広告はAOAソルヒョンに渡された。このようにスジの広告収入が急減した理由はやはり「国民の初恋」のイメージから、ある男の女になったからだと思う。しかしスジが得た男がイ・ミンホなら億レベルの損を見たとしてもいいんじゃないかと思う。一方スジは現在広告が回復勢に戻ってきた。

1位 キム・テヒ

f:id:kudokoreajapan:20161006222241j:plain

キム・テヒは誰が言っても韓国のCF女王だ。もちろんキム・テヒに及ぼすイ・ヨンエ、チョン・ジヒョン、ソン・ヘギョがいるが正直、広告界でキム・テヒを追ってこれる人はいないと思う。普通、広告9本に10億円ぐらいの収入を上げるキム・テヒはデビューから今までたゆまずものすごい広告収入をあげていた。しかしこんなキム・テヒにもスランプがやってきたRAINと恋愛を認めた以来キム・テヒが登場するCFが確実に減ったからだ。もちろん新栄CFスターたちの登場と効果の広告料で自然に減ったかもしれないがイ・ヨンエ、チョン・ジヒョン、ソン・ヘギョが相変わらず活発に広告に出るのを見るとその理由ではないようだ。特に昨年ドラマ「ヨンパリ」の人気を背負って化粧品会社との5年長期契約をした以外には、今年まで広告の方では大型案件がないところでキム・テヒの恋愛が結局億レベルの損をしてると思う。

K-POP SM ソルリ

オススメ記事